昔から、痛かった関節が本当は病気でした。

小さいあたりから何だか膝や肘などの関節が厳しい事がありました。両親に言っても冷えたんだね!と一点張りで病院に行く事はありませんでした。時間が過ぎ確かに温めていれば関節の苦痛は消えます。

けど毎年がひと月、各週って毎日として仕舞には援助を通しても苦痛は消えず、アビリティーも無くなり障壁がでてしまうのではないかとリスクが毎日を襲いました。結婚してある日の事です。

テレビなどのニュース放送で、あたしと同じ現象の方がいました。その人の現象を何かと聴き専門書やWEBなどで調べたデータリウマチ現象に似ていることがわかりました。

リウマチを人間病院で掲げているドクターは、無数にいる。私も無知なため囮に掲げているからと行けば、関節が変形していないからリウマチではないという。

「軟体動物と愚か者にされる手入れで個人で開業して掛かる病院には専属はいないと思いました。毎日が不安で取引も失敗が多く、退職を考えなければならないとまでも思いました。

何より努力して捜せばいるものですね。専門医が、本物でした。ちゃんと受診し私のコメントも聴き(インフォームドコンセント)、医療には時間がかかる事を充分批評もしてくれ安心です。

今では以前のように苦痛や基調が鈍さもなく多少は、基調がつまらないですが暮らしが送れてサンキュー。目の下のしわを取りたい