最初といったカップル目線の懐妊期の違いに対して

最初と二人まぶたのおめでた期の違いについて

二人まぶたになると本当に油断する。ものすごく油断する。
最初は、お酒はもちろんコーヒーやカフェインのお茶は飲まないし、甘いものや大好きな牡蠣やお鮨も食べないようにして、ウエイト統括に努めた。
一方、二人まぶたは披露宴などではお酒を呑み、甘味バッフェにも赴き、お鮨も生牡蠣もためらいなく食べた。
ウエイトの増減は結果的に最初も二人まぶたも貫く。おめでた前から6ー8隔たり増えたくらいで、むくみとか厄介はなかった。
これはおめでた前から変わらないけど、添加物の多い料理は控えるように。薬は飲まない。栄養剤は取らなかった。
前はどんなに摂るか気にしていたので、念頭で食べていらっしゃるとこがあった。つまり、それ食べたら人体が冷えるなあとか、カルシウムの会得阻害するなあとか、有機がいいなあとかやる気から、召し上がる結果の人体への実践が気になって、婦人に人体に悪いものを求められたりするとイラついたりした賜物だったけど、今は人体が食べたい賜物や面白く取る職場のほうが良いことに思えるようになっていた。

やる気にやにわに余裕があるもので、二人まぶたも最初は逆子だったけど、後であっという間に癒えるだろうと思えた。最初の逆子のときはメソメソしていた。
こゆこは今後も養育においても類似ですという。最初はああでなきゃこうでなきゃとまぶたを光らせるけど、二人いらっしゃる結果、最初に対しても好ましい具合に気が抜ける筈。良いことです。http://www.mercator.jp/